このページのトップへ
ホーム » 【植木植物園】ナショナルプランツコレクション » 【ナショナルプランツ コレクション】利休梅(リキュウバイ)

【ナショナルプランツ コレクション】利休梅(リキュウバイ)

利休梅(リキュウバイ)
学名 Exochorda racemosa

中国原産の落葉低木で日本には明治末期に渡来しており、バイカシモツケやウメザキウツギ、マルバヤナギザクラなどの別名があります。耐寒性に優れ、育てやすいため庭木や公園樹として普及しています。
春に枝先に短い円錐花序をだし、花径4cm前後の白い花を6〜10輪つけ、下から先端に向けて徐々に開花します。

白い花と若葉のライムグリーンの色合いがとても新鮮でさわやかな印象です。つぼみが丸く愛らしい形をしており、真珠のように見えることからパールブッシュ(Pearl bush)の英名があります。満開になっても派手さをあまり感じさせない花と趣のある枝ぶりが茶人に好まれ、茶花として広く利用されてきました。このことが「リキュウバイ」と呼ばれる名前の由来のようです。

取扱園古川庭樹園(大阪府)
問合せ先TEL:0721-93-6555 古川和生
※ナショナルプランツ コレクションとは、世界的に価値のある植物の種・品種等を属のレベルで集め、植物の多様性の維持や希少種・絶滅危惧種の保護に役立てる事を目的としたコレクションです。

日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
7/8

ネムノキ