このページのトップへ
ホーム » 部会紹介 » 青年部会
[緑育出前授業報告書 熊本県支部][緑育出前事業]

青年部会のあゆみ


 青年部会は、昭和55年1月26日に設立されて以来、本会の旗手的存在として、清新で活発な事業活動の展開に努めている。
 部会員は、会員の子弟等で、次代を担う優秀な後継者の養成を目的としており、本会も支援、助成等に努めている。
 当部会の全国統一的組織化気運は、昭和48年頃からその必要性が提唱されていた。
 まず、ブロック別に青年部会の設立を終了した段階を踏まえ、統一した青年部会の組織化へと、昭和50年11月12日、青年部会全国協議会が結成された。
 この全国協議会は、ブロック別青年部会の連絡協議機関であり、各ブロックの代表者2名をもって構成されていたため、全国組織として一体的な運営を行う上で、種々、困難な問題があった。
 このため、各都道府県支部における青年部会組織を強化し、支部活動を基盤としつつ、全国的に統一した事業活動へと連携し、本会との運営の一体性を確保すべく、昭和55年1月26日、全国を統一した青年部会が設立されるに至ったものである。

 部会員の推移は次のとおりである。
ClipboardImage
(画像をクリックすると大きいサイズになります)
青年部会・平成29年度通常総会を名古屋で開催
ClipboardImage
青年部会・平成29年度通常総会は、愛知県名古屋市の名古屋ガーデンパレスにて2月1日(水)に開催された。
 総会には、青年部会員77名が参加し、始めに櫻井部会長から、熊本地震災害へのお見舞いの言葉とともに、業界の厳しい現状を踏まえ、青年部一丸となって取り組みたいと今後の意気込みを込めた挨拶があった。
続いて、担当理事の石井氏より、協会において一生付き合える人脈を作って未来へ繋げる人間関係を築いて欲しい。そして、家業を引き継ぐ秘訣として、「仕事は職場で完結し、家庭に持ち込まない」との祝辞を頂いた。
来賓挨拶では本協会会長、宍倉氏より、青年部の若さとバイタリティーで、日本、そして海外へ「植木」を発信し、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会、東北の復興に向けて一丸となって取り組んで欲しいとの激励のお言葉、本協会顧問・有村治子参議院議員秘書、唐川氏より祝辞を賜った。総会は活発な議論がされ、成功裡に終了した。




総会後の記念講演 『一流アスリートから成功を学ぶ』
講師 米山みどり氏 女子プロゴルファー
 
総会終了後、総会後記念講演が行われた。女子プロゴルファー米山みどり氏と森田事業委員長との対談方式で行いました。最近、若者にも身近なスポーツとなってきたゴルフですが、意外と知らないプロゴルファーの職業について、多くの質問が出ました。米山氏は質問に対し、時には笑いも交えながら、一つひとつ丁寧に対応してくれました。業界は違っても同じプロという面で、特にメンタルの質問が多く意義深い内容でした。
 総会後は、同会場で開催された懇談会で、中部ブロック長、加藤氏より祝辞を頂き、愛知県支部長、森田氏の乾杯の音頭で和気藹々のムードの中、互いの懇親を深めました。
平成29年度 幹事・支部長合同会議開催

本協会青年部会は平成29年6月21日(水)、東京都中央区銀座の全国燃料会館にて、平成29年度幹事・支部長合同会議を開催しました。


ClipboardImage
28名が参加のもと、各ブロック長が各ブロック報告をし、その後、幹事・支部長合同会議事前アンケートの結果に対して、青年部会準会員制度や、青年部会年度会費について活発な意見が交わされた。これからの青年部会へ発展のための熱い討論となった。

青年部会幹事・支部長と協会役員との意見交換会開催
 
ClipboardImage
幹事・支部長合同会議終了後、初めての試みとして、青年部会役員と、親協会役員の総勢48名参加のもと、意見交換会が開催された。
 青年部会員からの質問に対して、親会役員から率直な意見をいただき、活発な意見交換会となった。
また、これからの日本植木協会を担う青年部員に対して、期待と応援の暖かいアドバイスもいただいた。この様な会合は大変有意義なものであり、今後も続けて欲しいとの提案があった。会終了後の懇親会でも熱い意見が交わされ、親睦も深まった。

青年部海外研修報告
 平成22年9月17(金)〜9月19(日)青年部研修事業と致しまして、台湾(台中、台北方面)にいって参りました。全国より44名の参加があり会員相互の交流、南方の植物性、植栽を肌に感じることができ有意義な研修となりました。
 最終日は台風による影響が危ぶまれましたが、全員無事帰路につくことができました。


ClipboardImage
全国より44名の参加がありました。
ClipboardImage
販売店視察
ClipboardImage
植物園視察
ClipboardImage
広い園内見るのは自転車が常識です。

ホーム » 部会紹介 » 青年部会